HOME>人気記事>樹楽で介護フランチャイズを始めよう!利用者を増やす工夫も伝授

介護の事業が求められている

社会で求められている介護事業ですので、現在介護関係の仕事をしていて独立を考えている人は注目です。介護の事業に携わったことがない人でも、樹楽のようなフランチャイズならしっかりした事業計画が立てられます。

樹楽で事業を始めるまでの流れ

老人

説明会に参加し契約

事業説明会があるので、それに参加して初期投資に必要な資金を把握します。また、説明会に参加する前に電話で問い合わせをすることで、樹楽のスタッフが個別の対応を行なってくれます。施設を見学した後に納得できれば契約に入ります。

開業サポートを受ける

開業をするために必要な物件を探したり、人材を募集したりしなければなりませんが、樹楽でそういったサポートを研修として受けます。開業のための申請や施設の改装などを、マニュアルに沿って対処することが可能です。

施設運営の必須科目研修

施設の外側が出来上がったらスタッフのシフト管理や営業などについて細かく研修が行なわれます。樹楽直営の施設で介護のノウハウやマニュアルのトレーニングをしていき、業務内容を身に付け、事業所番号が交付されたら事業開始です。

樹楽で介護フランチャイズを始めよう!利用者を増やす工夫も伝授

模型

事業開始後に行なう工夫

樹楽を始めとして、フランチャイズがあるので介護事業をコストカットしながら始めることが可能です。一定の手順を踏みながら事業を開始しますが、実際に開業した後は利用者を増やす努力をしなければなりません。
利用者を増やすためには営業をしなければなりませんが、介護支援事業所に営業に行くのが一般的です。ブランディングはフランチャイズ加盟によって十分得ていますので、地域のケアマネジャーに安心と信頼を与えるような営業活動を行ないましょう。