美容室から開業まで

会社で働く上でいろんな業務があるので、その業務を円滑にするためにシステムが使われています。システムやサービスには働く人のためのものもありますが、経営者のためのものもあります。美容室のカルテをPOSによって導入することをはじめ、いろんなシステムやサービスがあるので注目しましょう。

経営者の注目度が高いサービスランキング

男女
no.1

フランチャイズ

今まで独立を考えているけれど資金面やブランド力がないことから起業を諦めていた人も、フランチャイズ加盟をすれば独立を考えることができるため、一番注目されているサービスです。コンビニが代表的な例ですが、介護やハウスクリーニングのフランチャイズもあります。

no.2

開業・独立支援サービス

フランチャイズ加盟と少し似ているように思えますが、これは開業までのアドバイスをしてくれるコンサルタントです。医療系のクリニックや整体院など以外にも、分野ごとに相談できる場所があります。現在開業をすでに行なっていて、経営状態を見直したい人も相談可能なので助かるサービスです。

no.3

POSシステム

飲食店で活用しているイメージが強いですが、製品を扱う企業ならどこでも活用したいシステムです。製品がいつ入庫されたのか、どれくらいの売り上げがあって今はどのくらい在庫が残っているのか、それをシステムで管理しているので、どこにいても確認しやすい状態にできます。

no.4

チャットシステム

複数の店舗があったり、本部と実店舗が離れていたりする企業が使いこなしているシステムです。こういった企業は増えてきていて、在宅で業務に従事するような従業員も増えているため、チャットシステムでの密な連携が不可欠なのです。画像やデータを瞬時に共有できるのも便利です。

no.5

社内教育システム

企業の従業員定着のためにも、教育は大変重要視されています。人と人とのやり取りが重要になってくるのが教育の過程ですが、進捗状況やコミュニケーションツールとして社内教育ツールは使えます。タブレットや共有用のデータを作るのに役立つツールも多く含まれています。

美容室のカルテを導入しよう【利用者の満足度が上がる】

美容室

カルテのペーパーレス化が実現する

美容室はお客様にリラックスしてもらったり、ラグジュアリーな空間を感じてもらったりするところでもあるので、サロン作りは大切です。そのこともあり、スペースを上手に使わなければなりません。そこでカルテが紙で管理されていたら、スペースをとってしまいます。
POSシステムでカルテも管理できますので、ペーパーレス化をして美容室のスペースを上手に管理しましょう。カルテを電子化すれば、お客様の髪型も写真で管理しやすくなります。

インバウンド対策をはじめよう